文献集めはグッドサイトにお任せ。

Service

サービス概要


I. 文献集め

クライアントの個人的な文献データベースを作成致します。
研究のプロジェクト内容に合わせ英語の文献を集め、文献の中からクライアントが選んだ情報を個人のデータベースに載せます。デモはこちらです。

II. 文献説明

こちらはGoodcyteの独特なサービスです。
ネィティブなスタッフが、英語を交えて、まるで英会話のレッスンのように、弊社が集めた文献を詳しくクライアントに説明致します。

III. 文献編集

弊社がクライアントの書いた文献を編集致します。


グッドサイトのスタッフ

グッドサイトのスタッフは次の条件を満たします。

  1. 英語の文献を正確に理解できる者。
  2. ネイティヴレベルで英語を読み取れる者。
  3. 文献を出版したことのある者、又は自分が編集や英訳した文献が出版されたことのある者。
  4. 専門の研究室で働いた経験のある者。
  5. SQLデータベースを作成できる者。

現在のスタッフはグッドサイトの社長グッドマンのみ。


EndNoteなどの文献を集めるソフトとグッドサイトの違いは何?

EndNoteはキーワードで文献データベースから文献の検索をします。
グッドサイトは同じデータベースを検索していますが、はるかに手間をかけ、文献の概要及び本文を詳しく読み込み、その文献がクライアントの研究に当てはまるかどうかを判断し、クライアントの個人的なデータベースを作成致します。 そして、クライアントが提出したい学術誌のフォーマットのルールに合わせ、文献参考欄に入れたい文献を揃えます。


料金はいくら?

クライアントのプロジェクトに必要な文献の数を個人のデータベースにどれぐらい揃えたのか、また週・月に何回ぐらい新しい文献をチェックするのかなどの頻度によって変わります。 例えば、月に一回新しい文献チェックを行う場合の料金は月々1万円となります。毎日チェックする場合は月々10万円となります。編集もできます。

文献の長さにもよりますが、だいたい1500円から3000円ほどかかります。

文献の説明と編集の料金は文献の長さによって変わります。


グッドサイトのスタッフと直接対面できる?

はい。グッドサイトの社長グッドマンマイケルが、直接あなた(御社、オン研究室など)のところに伺い、プロジェクトのご希望を詳しくお聞きして内容を把握してから、話し合いのもとにプランを作成致します。